教会はあなたのご来会をいつでも歓迎いたします!

礼拝スケジュール


お知らせと礼拝式次第

安藤記念教会の兄弟姉妹へ

 チューリップのかわいらしい芽がいくつも顔を出し始めました。園児たちは毎日眺めて楽しみにし、登園のときは保護者と一緒に成長を喜びあっています。野生のチューリップをベランダに置いた鉢で育てている方の話では、野生のものは居心地の良い場所を求めて動くのだということです。幼稚園のチューリップも植えられた場所を移動しているのではと感じます。観察力も、記憶力も、視力も、遥かに優れている園児たちに聞けば教えてくれるかもしれません。
        2024年2月24日 安藤記念教会 牧師 長山信夫

      寒い2月の小雨にまけず
             「寒い2月の小雨にまけず」

      

2024年2月25日(日)受難節第2主日礼拝

黙 祷

礼拝招詞 詩編84編2-5節

 万軍の主よ、あなたのいますところは
 どれほど愛されていることでしょう。
 主の庭を慕って、わたしの魂は絶え入りそうです。
 命の神に向かって、わたしの身も心も叫びます。
 あなたの祭壇に、鳥は住みかを作り
 つばめは巣をかけて、雛を置いています。
 万軍の主、わたしの王、わたしの神よ。
 いかに幸いなことでしょう
 あなたの家に住むことができるなら
 まして、あなたを賛美することができるなら。

頌 栄 

 24番 たたえよ、主の民、みつかいと共に
    恵みにあふれる 父・子・聖霊を。 アーメン
        ↓
    https://www.youtube.com/watch?v=jwm3ApyEkho
        

交読詩編 詩編89編2-19節

 主の慈しみをとこしえにわたしは歌います。
   わたしの口は代々に あなたのまことを告げ知らせます。
 わたしは申します。
   「天にはとこしえに慈しみが備えられ
   あなたのまことがそこに立てられますように。」

 「わたしが選んだ者とわたしは契約を結び わたしの僕ダビデに誓った
  あなたの子孫をとこしえに立て
  あなたの王座を代々に備える、と。」

 主よ、天があなたの驚くべき力を告白し
   聖なるものがその集会で あなたのまことを告白しますように。
 雲の上で、誰が主に並びえましょう
   神々の子らの中で誰が主に比べられましょう。
 聖なるものの集いにおいて あなたは恐れられる神。
   御もとにあるものすべてに超えて 大いに畏れ敬われる方です。
 万軍の神、主よ 誰があなたのような威力を持つでしょう。
   主よ、あなたの真実は あなたを取り囲んでいます。
 あなたは誇り高い海を支配し
   波が高く起これば、それを静められます。
 あなたはラハブを砕き、刺し殺し
   御腕の力を振るって敵を散らされました。
 天はあなたのもの、
   地もあなたのもの。
 御自ら世界とそこに満ちるものの基を置き
   北と南を創造されました。
 タボル山、ヘルモン山は
   御名を喜び歌います。
 あなたは力強い業を成し遂げる腕を具え
   御手の力を振るい 右の御手を高く上げられます。
 正しい裁きは御座の基
   慈しみとまことは御前に進みます。
 いかに幸いなことでしょう 勝利の叫びを知る民は。
   主よ、御顔の光の中を彼らは歩きます。
 絶えず、御名によって喜び躍り
 恵みの御業にあずかって奮い立ちます。
   あなたは彼らの力の輝きです。
   御旨によって、我らの角を高く上げてください。
 主は我らの盾
   イスラエルの聖なる方は我らの王。

十 戒 出エジプト記20章2‐17節

「わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である。
⑴あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない。
⑵あなたはいかなる像も造ってはならない。上は天にあり、
 下は地にあり、また地の下の水の中にある、いかなるものの形も
 造ってはならない。
 あなたはそれらに向かってひれ伏したり、それらに仕えたりしてはならない。
 わたしは主、あなたの神。わたしは熱情の神である。
 わたしを否む者には、父祖の罪を子孫に三代、四代までも問うが、
 わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には、幾千代にも及ぶ慈しみを与える。
⑶あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。
 みだりにその名を唱える者を主は罰せずにはおかれない。
⑷安息日を心に留め、これを聖別せよ。
 六日の間働いて、何であれあなたの仕事をし、七日目は、
 あなたの神、主の安息日であるから、いかなる仕事もしてはならない。
 あなたも、息子も、娘も、男女の奴隷も、家畜も、あなたの町の
 門の中に寄留する人々も同様である。
 六日の間に主は天と地と海とそこにあるすべてのものを造り、
 七日目に休まれたから、主は安息日を祝福して聖別されたのである。
⑸あなたの父母を敬え。そうすればあなたは、あなたの神、
 主が与えられる土地に長く生きることができる。
⑹殺してはならない。
⑺姦淫してはならない。
⑻盗んではならない。
⑼隣人に関して偽証してはならない。
⑽隣人の家を欲してはならない。隣人の妻、男女の奴隷、牛、
 ろばなど隣人のものを一切欲してはならない。」

使徒信条
 
我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。主は聖霊によりてやどり、処女マリヤより生れ、ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死にて葬られ、陰府にくだり、三日目に死人のうちよりよみがへり、天に昇り、全能の父なる神の右に坐したまへり、かしこより来りて生ける者と死ねる者とを審きたまはん。我は聖霊を信ず、聖なる公同の教会、聖徒の交はり、 罪の赦し、身体のよみがへり、永遠の生命を信ず。アーメン。

讃美歌 
     チャールズウェスレー讃美歌1番「みことばもて」
     ここを↓クリックして讃美をしてください
     https://www.youtube.com/watch?v=CZdOH0yMROs

聖 書
 
 ルカによる福音書11章14-26節

14イエスは悪霊を追い出しておられたが、それは口を利けなくする悪霊であった。悪霊が出て行くと、口の利けない人がものを言い始めたので、群衆は驚嘆した。 15しかし、中には、「あの男は悪霊の頭ベルゼブルの力で悪霊を追い出している」と言う者や、 16イエスを試そうとして、天からのしるしを求める者がいた。 17しかし、イエスは彼らの心を見抜いて言われた。「内輪で争えば、どんな国でも荒れ果て、家は重なり合って倒れてしまう。 18あなたたちは、わたしがベルゼブルの力で悪霊を追い出していると言うけれども、サタンが内輪もめすれば、どうしてその国は成り立って行くだろうか。 19わたしがベルゼブルの力で悪霊を追い出すのなら、あなたたちの仲間は何の力で追い出すのか。だから、彼ら自身があなたたちを裁く者となる。 20しかし、わたしが神の指で悪霊を追い出しているのであれば、神の国はあなたたちのところに来ているのだ。 21強い人が武装して自分の屋敷を守っているときには、その持ち物は安全である。 22しかし、もっと強い者が襲って来てこの人に勝つと、頼みの武具をすべて奪い取り、分捕り品を分配する。 23わたしに味方しない者はわたしに敵対し、わたしと一緒に集めない者は散らしている。」
24「汚れた霊は、人から出て行くと、砂漠をうろつき、休む場所を探すが、見つからない。それで、『出て来たわが家に戻ろう』と言う。 25そして、戻ってみると、家は掃除をして、整えられていた。 26そこで、出かけて行き、自分よりも悪いほかの七つの霊を連れて来て、中に入り込んで、住み着く。そうなると、その人の後の状態は前よりも悪くなる。」

牧会祈祷

説 教「指の働き」 長山 信夫牧師
       
       (「礼拝説教」をご覧ください)

讃美歌 
     チャールズウェスレー讃美歌17番「生きてあるは」
     ここを↓クリックして讃美をしてください
    https://www.youtube.com/watch?v=sohY0lkzVlk

献 金 
  (教会にお集いの時お献げください)

献金の祈り 
  (各自お祈りください、会堂では司式者が祈ります)

主の祈り

  天にまします我らの父よ
  願わくはみ名をあがめさせたまえ
  み国を来たらせたまえ
  みこころの天になるごとく、
  地にもなさせたまえ
  我らの日用の糧を今日も与えたまえ
  我らに罪をおかす者を我らがゆるすごとく
  我らの罪をもゆるしたまえ
  我らをこころみにあわせず、
  悪より救い出したまえ
  国と力と栄とは限りなく
  なんじのものなればなり       アーメン

頌 栄 
 
 讃美歌28番「み栄えあれや」
      ↓
    https://www.youtube.com/watch?v=7utapJVm4oA

祝 祷

 主があなたを祝福し、あなたを守られるように。
 主が御顔を向けてあなたを照らし、
 あなたに恵みを与えられるように。
 主が御顔をあなたに向けて、
 あなたに平安を賜るように。
 主イエス・キリストの恵み、父なる神の愛、聖霊の交わりが
 あなたがた一同と共にあるように。        アーメン

後 奏                     アーメン

黙 祷

祈祷課題

・イースターに受洗、入会を志している方々が、準備の時を祝されて
 その日を迎えることが出来るように。
・卒業、進級、進学する子どもたちが不安なく前進するように。
・神学校に献身者が、幼稚園に園児が与えられるように。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional