教会はあなたのご来会をいつでも歓迎いたします!

礼拝スケジュール


お知らせと礼拝式次第

安藤記念教会の兄弟姉妹へ

 門の近くのアジサイが濃い紫と赤紫の美しい色の花を咲かせています。ペンテコステの命の息吹を吹きかけられたように、アジサイは元気に仙台坂上にて開花しました。目には見えませんが、確かに働いておられる御霊の神様、聖霊に心から感謝いたします。

 聖霊は、イエス様が天へ昇られた代わりに地上に降ってくださいました。聖霊は、父なる神様とイエス様のみ心を本当によく知っておられます。聖霊は私たちを祈りとみ言葉へ、そして礼拝と賛美へと導かれます。

 聖霊は私たちを清め慰め力づけ、神様の恵みに気がつかせて感謝と喜びをお与えくださいます。聖霊はみ言葉の悟りを霊の糧として私たちの魂へと運びます。その時、私たちの魂は育まれ養われ真理へと導かれます。

 聖霊は、何と言っても、イエス様の十字架と復活の愛で私たちを満たしてくださいます!聖霊は、私たちを罪から悔い改めへと押し出す原動力となってくださいます。聖霊は、私たちを洗礼や回心へと導き、新しく生まれさせ、新しい命に生かし、教会の歩みと信仰生活を支えてくださいます。

 聖霊は、今から100年以上も前に、安藤太郎ご夫妻の心を動かされ安藤記念教会を建てられました。そして聖霊は今も、仙台坂上から私たちを遣わし、主の栄光へと教会を日々導かれています。

ペンテコステ、おめでとうございます!

       2024年5月24日 安藤記念教会 牧師 中村 謙一

       あじさい
              

2024年5月26日(日)三位一体主日礼拝

黙 祷

礼拝招詞 テトスへの手紙3:6〜7 

 神は、わたしたちの救い主イエス・キリストを通して、
 この聖霊をわたしたちに豊かに注いでくださいました。
 こうしてわたしたちは、キリストの恵みによって義とされ、
 希望どおり永遠の命を受け継ぐ者とされたのです。

頌 栄 

 24番 たたえよ、主の民、みつかいと共に
    恵みにあふれる 父・子・聖霊を。 アーメン
        ↓
    https://www.youtube.com/watch?v=jwm3ApyEkho
        

交読詩編 詩編1編1〜3節

 いかに幸いなことか
   神に逆らう者の計らいに従って歩まず
 罪ある者の道にとどまらず
   傲慢な者と共に座らず
 主の教えを愛し
   その教えを昼も夜も口ずさむ人。
 その人は流れのほとりに植えられた木。
   ときが巡り来れば実を結び
 葉もしおれることがない。
   その人のすることはすべて、繁栄をもたらす。

使徒信条
 
我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。
我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。
主は聖霊によりてやどり、処女マリヤより生れ、
ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、
十字架につけられ、死にて葬られ、陰府にくだり、
三日目に死人のうちよりよみがへり、天に昇り、
全能の父なる神の右に坐したまへり、かしこより来りて、
生ける者と死ねる者とを審きたまはん。
我は聖霊を信ず、聖なる公同の教会、聖徒の交はり、罪の赦し、
身体のよみがへり、永遠の生命を信ず。     アーメン。

讃美歌 
     讃美歌21-351番「聖なる聖なる」
     ここを↓クリックして讃美をしてください
     https://www.youtube.com/watch?v=X1QDGbz4_5o

聖 書

 ヨハネによる福音書14章8~24節

フィリポが「主よ、わたしたちに御父をお示しください。そうすれば満足できます」と言うと、 9イエスは言われた。「フィリポ、こんなに長い間一緒にいるのに、わたしが分かっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのだ。なぜ、『わたしたちに御父をお示しください』と言うのか。 10わたしが父の内におり、父がわたしの内におられることを、信じないのか。わたしがあなたがたに言う言葉は、自分から話しているのではない。わたしの内におられる父が、その業を行っておられるのである。 11わたしが父の内におり、父がわたしの内におられると、わたしが言うのを信じなさい。もしそれを信じないなら、業そのものによって信じなさい。 12はっきり言っておく。わたしを信じる者は、わたしが行う業を行い、また、もっと大きな業を行うようになる。わたしが父のもとへ行くからである。 13わたしの名によって願うことは、何でもかなえてあげよう。こうして、父は子によって栄光をお受けになる。 14わたしの名によってわたしに何かを願うならば、わたしがかなえてあげよう。」
15「あなたがたは、わたしを愛しているならば、わたしの掟を守る。 16わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。 17この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなたがたはこの霊を知っている。この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである。 18わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻って来る。 19しばらくすると、世はもうわたしを見なくなるが、あなたがたはわたしを見る。わたしが生きているので、あなたがたも生きることになる。 20かの日には、わたしが父の内におり、あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる。 21わたしの掟を受け入れ、それを守る人は、わたしを愛する者である。わたしを愛する人は、わたしの父に愛される。わたしもその人を愛して、その人にわたし自身を現す。」 22イスカリオテでない方のユダが、「主よ、わたしたちには御自分を現そうとなさるのに、世にはそうなさらないのは、なぜでしょうか」と言った。 23イエスはこう答えて言われた。「わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人を愛され、父とわたしとはその人のところに行き、一緒に住む。 24わたしを愛さない者は、わたしの言葉を守らない。あなたがたが聞いている言葉はわたしのものではなく、わたしをお遣わしになった父のものである。

牧会祈祷

説 教 「救いのみ業は五つ駅」中村 謙一牧師
       
       (「ライブ配信」をご覧ください)

讃美歌 
    讃美歌21-462番「はてしも知れぬ」
     ここを↓クリックして讃美をしてください
    https://www.youtube.com/watch?v=usr53ifyOqs   

献 金 
  (教会にお集いの時お献げください)

献金の祈り 
  (各自お祈りください、会堂では司式者が祈ります)

主の祈り

  天にまします我らの父よ
  願わくはみ名をあがめさせたまえ
  み国を来たらせたまえ
  みこころの天になるごとく、
  地にもなさせたまえ
  我らの日用の糧を今日も与えたまえ
  我らに罪をおかす者を我らがゆるすごとく
  我らの罪をもゆるしたまえ
  我らをこころみにあわせず、
  悪より救い出したまえ
  国と力と栄とは限りなく
  なんじのものなればなり       アーメン

頌 栄 
 
 讃美歌24番「たたえよ主の民」
      ↓
    https://www.youtube.com/watch?v=jwm3ApyEkho

祝 祷

後 奏                     アーメン

黙 祷

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional